世界セミナー特別コラム No.6 「中国環境法規制の変化、および違反事例の原因と処罰事例」

中国環境法規制の変化、および違反事例の原因と処罰事例

※このコラムは2015年10月16日に開催した「EnviX世界環境法規制セミナー」に先駆けて公開したものです。

中国では2015年1月1日より新環境保護法が施行されたことにより、環境規制がさらなる強化されています。2015年9月29日可決され、2016年1月1日より施行される大気汚染防止法修正案、2017年に公布される見込みである土壌汚染防止法、修正される見込みである水汚染防止法など上位法の他、部門規章、各地の地方法令の下位法および関連標準も次々公布・改正されています。特に、天津爆発事故の影響で危険化学品や危険廃棄物に対する管理、取締り、検査などもさらに強化されますので、今までの環境管理のやり方で環境違法になってしまいます。

中国の基本政策である五ヵ年計画の十二次五ヵ年計画は2015年で終了しますので、十三次五ヵ年計画の作成が開始されました。環境対策の重点及びモデルの刷新は一つの重要な課題として挙げられています。このような背景の中、中国の環境規制、環境行為への監督および環境違法行為への処罰の動向を把握すべきです。そして、すでに処罰された環境違法事例も参考価値があります。

今回、中国環境法規制の全体の見方、動向を紹介するうえで、環境違法事例の処罰内容および原因などを分析しながら、環境リスク抑制についてお話しします。

セミナーで御説明いたします主なテーマ
環境リスクの抑制をめぐる中国環境法規制の解説
1. 中国環境法規制の概説
2. 13次五ヵ年計画の作成に伴う中国環境対策の動向
3. ますます厳格になる傾向の化学品管理
4. 廃棄電器電子製品の回収・利用の管理現状

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。