国際公的機関 – 最新の環境法規制・市場情報

海外環境法規制モニタリング - 最新記事

海外環境法規制モニタリングの記事一覧(タイトルのみ)です。世界各国へ製品を輸出または海外に進出されている企業様の、品質保証部・法務部・環境推進部・生産技術部等の方々向けに、さらに経営戦略や市場戦略を担当するスタッフや経営管理者向けに、各国の環境法規の制定・改定をめぐる状況を中心として、その動向をご報告しています。

サンプルとして2014年までの記事タイトルを表示しています。最新の記事に関しては別途お問い合わせください。

  1. イタリアと米国でバイオプラスチックの開発あいつぐ――電子廃棄物の年間5000万トン削減も可能
  2. 中国とブラジルとの協力関係の強化、他の国のクリーンエネルギー推進に影響
  3. 気候変動に対処するため、国際的な動き様々――国連主導のワークショップ開催のほか、WWFやWRIも今後の取り組みの方向性を示す
  4. 国連気候変動枠組条約前事務総長、IPCCによる報告書発表をうけ、見解と今後の展望について発言
  5. UNEPとUNITAR、各国が廃棄物管理方策を策定する際の指針を発表
  6. IARC、2014年6月の会議でPFOAの発がん性の評価と決定を行う見込み
  7. UNEPによるCiPプログラムの策定状況
  8. PIC条約とPOPs条約の新たな規制対象物質に対する重要判断が10月になされる見込み
  9. GEF事務局長、危機的状況にある環境問題に対応するため、民間セクターの更なる関与を求める
  10. ボン気候変動会議開催、11月のCOP19に向けて議論の進展に期待寄せられる
  11. 国連欧州経済委員会の関連機関、排出データ報告に関するガイドラインの改訂版に合意――今後ブラックカーボンが新たに報告対象となると情報筋伝える
  12. GRI、持続可能性報告ガイドラインの最新版、G4ガイドラインを発表
  13. デカBDEをストックホルム条約の対象物質に――ノルウェーが提案
  14. ストックホルム条約のPOPsに関する研究所間の調査、研究所の能力に大きな違いがあることを浮き彫りに
  15. ドイツで国連気候変動枠組条約ADP会議開催――UNFCCC事務局長、11月開催のCOP19に向け綿密な予定表作成を求める
  16. 英国Waste2Tricityがプラズマガス化と水素発電を組み合わせたプラントの開発に着手
  17. バーゼル条約第11 回締約国会議開催、使用済み電子機器の越境移動に関する技術ガイドラインをめぐり意見対立
  18. バーゼル、ロッテルダム、ストックホルム条約の最初の合同会議閉幕――議論の要点
  19. ストックホルム条約の附属書AにHBCDを追加――製造・使用・輸出入を原則禁止
  20. 国連の有害物質関連3条約の締約国会議がジュネーブで始まる
  21. ストックホルム条約事務局、ペンタクロロフェノールに関するリスク・プロフィール案の意見募集を開始
  22. 米国内分泌学会およびIPEN、内分泌かく乱物質に関する声明発表、全世界的なアクションを早急に行うよう求める
  23. TEEB、生物多様性とビジネスに関する新たな報告書を公表――企業経営と自然資本の保全の両立を主張
  24. UNECE、ブラックカーボン排出量の報告に関するガイドラインを2013年にも発行予定――国際的な排出インベントリー作成を目指す
  25. 太平洋島嶼国の再生可能エネルギーやエネルギー効率関連プロジェクトに、今後600億円以上の資金援助――世銀グループらが支援表明
  26. UNEPとセントクリストファー・ネイビス、西インド諸島オゾン担当官会議を主催
  27. 国際的な気候変動対策に関し主張を展開する途上国グループ、2012年のCOP18の成果について議論――中国やインドなどの国々が会合に参加
  28. Ford社、2012年の水使用量は前年比8.5%減を達成――世界中の工場で節水や水の再利用を実施
  29. 持続可能性は企業の財務責任者にとって企業経営上重視すべき事項とドイツ企業幹部が語る
  30. 廃棄物からのエネルギー回収、2013年の世界市場の価値は74億ドルに到達――英市場調査会社報告書

ご質問・お問い合わせ

製品・掲載情報に関して、お気軽にお問い合わせください。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

お問い合わせ・資料請求