台湾政府がRoHS対応のために公布した「有害物質検査試験室特定規範」

 台湾経済部標準検験局は2005年12月26日、EUのWEEE指令およびRoHS指令への対応を強化するために、製品に含まれる有害物質を検査する機関を国が指定して管理する新しい規則「有害物質検査測定指定試験室(実験室)特定規範」を公布し、2006年1月1日発効した。

 今回の新規則は、電気電子機器の輸出国である台湾が特にRoHS指令に国内メーカーが十分対応できるよう検査体制を強化するためのもので、標準検験局がこの規則にもとづき、民間検査機関のなかからふさわしいものを選び出して指定検査機関として認定することになっている。

 これら指定検査機関の最終選定は2006年4月までに完了する予定で、その後に検査の受付が開始される。

 エンヴィックス社は、本規則「有害物質検査測定指定試験室(実験室)特定規範」の日本語版を作成し、下記内容にて販売開始しております:

● 価 格: ¥12,000
● 提出物: WORD電子ファイル
● 頁 数: A4判3ページ
● 連絡先(御注文の受付): contact@envix.co.jp (中里)

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。