韓国:「国家標準基本法」改正(KCマーク制度)-和訳

韓国知識経済部は2009年3月下旬、「国家標準基本法」が2009年4月1日に改正公布されることを明らかにした。これにより、様々な認証手続きに係わる企業の負担が減らされ、消費者が一つの認証マークのみを確認して優良な製品を選択できるよう、国家統合認証マーク制度(KCマーク)が導入される。

この統合制度の主な内容は、強制的な認証制度における約20種類の認証審査及び手続きを、国際基準(ISO/IEC Guide 67)と国内の状況に合わせて9種類へと簡素化し、13種の強制認証マークをKCマークへと統合することである。

KCマークが導入されれば認証手続きが簡素化されるだけではなく、企業が類似した認証を重複して受けることを回避することができるようになる。また、認証に必要な費用が3800万ウォン(約300万円)から1300万ウォン(約100万円)へと削減されると共に、手続きに費やされる期間も5.5ヶ月間から4ヶ月間へと減ることになる。さらに政府は、製品についていた様々な認証マークによる混乱を避けることができれば、消費者が簡単に良質の製品を選択できるようになると見込んでいる。

KCマークを導入するため、今後9部署の政府機関が管掌している27種類の法令を改正し、各種認証制度で重複している審査及び手続きを調整し簡素化するなど、政府は2010年12月までに認証制度の効率的な管理体系を完成させる計画である。さらに政府はKCマーク製品を、韓国を代表する国際的なブランドとして育成し、そうした製品を海外に一層輸出するきっかけとする考えである。

日本語版発売のご案内
上記の「国家標準基本法」の日本語版を下記要領で発売いたします。ご希望の方はお問合せまでご連絡下さい。

製品名

韓国「国家標準基本法」の日本語版(A4判で約18ページ:原文20p)

発売日

2009年4月30日(木)

価格

38,000円(税別)

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。