EU-RoHS2に関する問答集(FAQ)-和訳

2013年1月9日、改訂版の日本語訳を発売いたしました
» 改正RoHS(RoHS2)の問答集(FAQ)、欧州委員会が12月12日に改訂発行

—–

複雑化し且つ対象範囲が拡大するEUの改正RoHS(RoHS2)について欧州委員会が問答集(FAQ)を発行
――10項目に亘り合計65件の質問に回答

エンヴィックスが日本語版を発行・発売開始

【対象の10項目と65問】
1.全般的な質問【8問】
2. 適用範囲(2.2 条)【4問】
3. 適用範囲-LSSIT およびLSFI に対する免除【3問】
4. 適用範囲-その他の適用除外規定【6問】
5. 適用範囲-ケーブル【6問】
6. 適用範囲-消耗品【1問】
7. オープンスコープ全般【10問】
8. EEE、Equipment およびComponents の定義【3問】
9. CE マーキング、技術文書などを含む適合性評価の手順【15問】
10. 物質の(使用)制限とそれに対する免除【9問】

この「日本語版」問答集はEU 当局がRoHSⅡの適用に影響を受ける域内のすべての関係者向けに改正RoHS の要求、その狙いとは何なのかを理解してもらうべく発行された「Frequently Asked Questions (FAQ) document」の2012 年6 月15 日版を 日本企業の関係者向けに訳出したものです。
本来EU 域内向けに書かれているので、日本の企業の視点でより分かりやすくするために、若干意訳し、あるいは独自の注釈を加えた部分もありますが基本的にはすべての内容を訳出しております。

日本も例外ではありませんが、法律の文章は一般的に難解です。これは法律がその性格上、誰が読んでも共通の解釈結果にたどり着けるように工夫されているためです。改正RoHSにおいては影響を受ける範囲がさらに拡大し、EU当局も法文だけでは混乱を招くことがわかっているので「よくある質問集」を発行したわけです。あちこちで異なる解釈が乱立して軋轢が出ることを考えれば、とても有効な手段と言えます。
ここまでは残念ながら、欧州の話であって、大きな関わりのある日本を含む域外の人たちにまではわざわざ解説の労が提供されません。日本では各種セミナーなどでそのエッセンスの部分を情報として提供してもらうことはできます。しかし、限られた時間の中では会社の事情などを反映した課題への適切な回答が得られるとは限りません。その点、網羅的な質問・回答をカバーしたFAQの内容を日本語で理解することは皆さんにとって、とても有益なことだと思います。
これを一読後、セミナーで講師などに質問する機会が得られれば、更に皆様の課題解決に近づけるものと確信致します。
なお、この問答集は2012年6月までパナソニック㈱に在籍し、環境分野の専門家として活躍されてきた村越茂富氏による訳文ですが、同氏は従来より環境法規制の対応に係わってきており、なかでも特にEUのRoHS指令の動向に精通しセミナーなどでも講師として活躍されております。また、弊社のパートナーとしてもご協力いただいております。

  • 製品名
    EU-RoHS2に関する問答集(FAQ)<2012年6月15日発行版>
  • 提出物
    日本語版:PDFファイル(A4判40ページ)
    申し込みいただき次第、即日の納品が可能です。
  • 価格
    23,000円(税別)
  • 申込先
    contact@envix.co.jp (担当:中里、馬場、古川)

ご質問やご発注は、お問い合わせフォームまたは TEL:03-5928-0180よりご連絡ください。

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。