中国 汚染物質排出許可管理弁法(試行)

中国
汚染物質排出許可管理弁法(試行)
和訳販売のお知らせ

中国環境保護部は2018年1月10日、「汚染物質排出許可管理弁法(試行)」を公布した。同弁法は、公布日より施行され、国レベルの法規制である「部門規章」(日本の省令に相当)となる。また、試行法といっても公布時点で強制力を伴うものであり、そのまま効力を有することになるとみられる。

固定汚染源汚染物質排出許可分類管理リスト」については、2017年7月28日付け文書で2017年版が公布されており、同リストには汚染物質排出許可証の申請期限(原文:实施时限)も明記されております。
今後も、「固定汚染源汚染物質排出許可分類管理リスト」が毎年のように策定され、そのリストに掲載された分類に属する企業が許可証を申請すべき期限も同時に明示されるものと見られますので、それらの策定動向に注視されたい。

この分類管理リストに掲載された対象企業は、情報公開なども一層強いられる他、今後、排出許可証を取得しない限り排出できなくなるわけで、企業にとって極めて大きなリスクが生じるといえる。

エンヴィックスは、この「汚染物質排出許可管理弁法(試行)」の全文(19p)の和訳を発売いたします。

品名 中国 汚染物質排出許可管理弁法(試行)
2018年1月10日公布・施行
日本語版和訳
納品物 MS Wordファイル1点 全19頁(A4判)
価格 ¥25,000(税別)
申込先 contact@envix.co.jp (担当:中里)
TEL: 03-5928-0180

以下、弊社製品「海外環境法規制モニタリング」での配信記事を添付します。

中国環境保護部は、2018年1月10日、「汚染物質排出許可管理弁法(試行)」を公布した。同弁法は、公布日より施行される。2016年12月に公布された「汚染物質排出許可管理暫定規定」は関連規定を定めた文書に過ぎないが、同弁法は国レベルの法規制である「部門規章」(日本の省令に相当)となる。

環境保護部によると、同弁法の主な内容は以下のとおり。

  • 汚染物質排出許可証の発給手順を規定。
    提出すべき書類、公表すべき情報、受理の手順、審査要求、および変更や延長時の手順について規定されている。
  • 汚染物質排出許可証の内容を明確に規定。
    「暫定規定」では「基本情報、記載情報、許可事項、管理要求」が許可証に記載されていたが、同弁法では「基本情報、登録情報、許可事項、承諾書」に変更された。承諾書、基本情報、登録情報は企業側で記載し、許可事項は環境保護部門が関連規範に基づき確定し記載する。
  • 汚染物質排出企業の責任履行を強調。
    企業による承諾、自主的モニタリング、台帳への記録、実施報告、情報公開という5つの制度および関連規定が定められており、違反した際の処罰についても規定されている。また、同弁法では「法的責任」に関する章が追加され、企業の法的責任が明確に打ち出されている。
  • 許可証に基づく厳格な監督管理や取締りの実施を要求。
    汚染物質排出許可の取締り計画の制定や、取締りの重点や頻度について規定されている。
  • 企業による情報公開の強化。
    許可証申請前における基本情報や申請予定の許可事項の公表、許可証実施過程における自主的モニタリングデータや実施報告内容の公表などについて規定されている。
  • 長期間未解決の問題が存在する企業による汚染物質排出許可証の申請手順や関連要求の規定を「付則」章に追加。

環境保護部によると、今回公布された同管理弁法により、中国共産党第19回全国代表大会で打ち出された「汚染物質排出者の責任強化、環境保護信用評価の整備、情報の強制的開示、処罰の厳格化などの制度」の実施を図っていく。

 

ご注文・お問い合わせ

製品のご注文、お問合せは「製品注文・お問合せフォーム」、またはお電話にて承ります。
電話番号: 03-5928-0180(平日10時~17時受付)

製品注文・お問い合わせ

ご注文から納品までのプロセス:

  1. 注文フォームを入力後、弊社担当者よりメール添付で納品いたします(一部製品を除く)。
  2. 後日、弊社より請求書をご郵送します。